この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

スポンサーリンク




きっかけは円安だぜ!

詳細は伏せるで。
会社でのワイ、主にオセアニアから商材を輸入して国内で販売する部署に所属。
2年前(2015年)の初夏、当時はかなりの円安。
仕入費用がかさみ商品の値上げを検討していた。
(1ドル120円超えてたと記憶する)
何でもかんでも輸入品の値上げが横行していた時期。
ウチもかぁヤだなぁ、売れ行きに響くんだよなぁ。
なんて思ってたらあっさり値上げが決定してしまった、しかも秋の商談会の直前w
そんなおり、

逆に国内で仕入れて海外に輸出したら儲かるんじゃね?

なんて考えていた。


自分でやってみないと本当のことはわからないぜ!

真夏は商談会準備で忙しかったから、eBayの登録はついつい9月になってしまった。
個人輸出に興味を持ち、eBay輸出についてはネットでぼちぼち調べてはいた。
が、完全な素人。

・日本の物なら何でも売れるよ!とか
・ガイジンは到着まで何ヶ月でも待つからトラブル少ないよ!とか
・月収(月商ではない)50万なんてチョロいよ!

などという、ネット上の与太話を真に受けフンフン興奮していたピュアなまー坊。
今はワイの純情返せって思うぜ!


何でもは売れないぜ!

まず扱ったのは、

(1) 忍者とか芸者のポーズデータが入った、日本のCD付き本(無在庫)
(2) 浅草で買った、和風なお土産(有在庫)

フィギュアカメラは高くてリスキーだったので避けた。
選んだ商材は日本的なアイテムだったし何より仕入が安い。
大まじめにそれらの本やグッズが売れると思っていた。
だが初めて売れたのは40日目くらい。
歌舞伎演目の木製グッズで、商品$45、送料$14を受け取ったと記憶している。

一ヶ月何も売れなかった滑り出し、惨敗。

次回、eBay輸出を始めた当時を振り返るぜ、こんニャロー!②に続く。
新米セラーを悩ませる2つの制約について触れるぜ!


↓↓↓ブログランキング参加中だぜ!応援よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ