読了までの目安:およそ2 分ですぜ!

投稿者:koubecchi

どうもはじめまして。
なるほど、確かに私も長期間売れない品物は仕入原価くらいまで下げて売っている物もありますが、売れ行きは芳しくないですね。
市場にほとんど出ていないマイナーな物ですし、まー坊さんのように高値吹っかけてみますw

はじめまして、まー坊(@belligerent_exp)です!
koubecchiさんは下の記事からお越しくださったぜ!

eBayで3年以上稼ぎ続けるためのTips集 -顧客との関係は最初が肝心-

市場にほとんど出ていないマイナーな物?
ウラヤマ!高値売りして大儲けの大チャンス!

ワイなら絶対に最初から高値ふっかけますwww

今回はある人物のエピソードを紹介しながら、マイナー品を高値売りするメリットを考察する。
テーマは「相場を作る」だぜ!

この記事がキッカケでkoubecchiさんは大金持ちになるかも!?

スポンサーリンク




タヒチの黒真珠

1970年代のこと。宝石商のサルバドール・アセールはタヒチの黒真珠に目をつけた。
その当時、真珠といえば普通の白い真珠を指す。
黒い真珠など誰も売っておらず、ただ同然で入手することができたからだ。

初めサルバドールはそれを、普通の真珠と「同じ価格」か「それ以下」で販売した。
だがまったく売れない。

それも当然。
お客さんからすれば、どんな服に合わせていいかもわからない。
誰も身につけていないんだからコーディネートのお手本がない。

買い手が黒真珠に価値を見出せないのだ。

いくら安く仕入れても、売れなきゃ金をドブに捨てたようなもの。
そこでサルバドールは考えた。

超高値でアンカリング

高値をつけて価値があるように見せよう。
高価であればあるほどいい。

まー坊

だって誰も黒真珠を知らないんだから!

そんなワケで、NYの5thアヴェニュー(ブティック街)に店を構えて売り出した。

法外な値段でw

同時に黒真珠ネックレスの雑誌広告を展開した。
この広告のミソは、ダイヤのアクセサリーなどと並列で掲載したことだ。
要は、黒真珠がダイヤモンドに劣らない宝飾品であることを印象付けたのである。

この格付け行為を「アンカリング」という。
アンカリングは、プラスに働いてもマイナスに働いても効果絶大!
安売りのデメリットとして前に紹介したよね!

まるわかり、弱小セラーがトップシェアを獲った方法<eBay輸出の考察・対処法>

結果は大成功。
新しもの・珍しもの好きの金持ちに売れに売れた。
この成功をもって、サルバドールは真珠王と呼ばれることになる。

相場を作れ、それも高値で!

koubecchiさんのいう「市場にほとんど出ていないマイナーな物」。
どんなものか具体的にはワイは知らない。
だけど、ワイなら超高値で売る。
同じカテゴリーの超高い品と同等の価格で。

そう、サルバドールが黒真珠にダイヤと同等の価値をアンカリングしたように。
機会があれば積極的に「相場を作る」のだ。

結論

市場にほとんど出ていないマイナーな物は高値で売るチャンス。
かつてはありふれた物でも、現在数が少ないなら希少性で高く売れる。
ワイの場合、レコードがそう。
もっとも、狙ったアイテムは数が少ないので永続的に仕入れることはできない。

現在マイナーでありながら安定供給できるなら、サルバドールのような大儲けができるかも。
最後まで読んでくれてありがとうだぜ!