所要時間:およそ3 分

スポンサーリンク




はじめに

あなた

まー坊さんはどうやって商材をみつけるんですか?

     

これはまー坊(@belligerent_exp)が聞かれる、頻度が高めの質問。

この質問をしてくる人は、初級を脱して中級にさしかかるセラーさん。ひと通り自分の思いつく商材を試したら、必ず生じる疑問のようだ。

聞いてみると、理由は以下の2つのどちらか。

(A)もっと売り上げたくて欲が出た
(B)行き詰まった

そんな質問に、ワイはこう答えてる。

まー坊

お客さんが教えてくれるんですよ。ニコッ

     

今回のテーマは「eBay輸出のリサーチ方法」。

前半(1ページ目)でお伝えする内容は、セミナー講師・商材系セラーの人たちが推してる「一般的に広められている方法」。

優秀な彼らがオススメしている手法を非難するワケじゃないが、まー坊なら決してオススメしない。その理由も合わせて述べておきたい。

後半(2ページ目)は、まー坊が普段使っている、「お客さん視点の方法」。ワイが教えているセミナーで披露すると、誰も知らなかった手法らしく感嘆の声があがる。

やり方はカンタンなので、あなたも今日からすぐ始められるぜ!あとオマケ、最近みつけた他のセラーさんがやってるユニークな手法もご紹介。

一般的に広められている2つの方法

これらの2つはあなたもよく知っているはずだ。

①他のセラーからマネる方法 (60点)
②ツールを使ったリサーチ手法 (38点)

では、順番に紹介するぜ!

①他のセラーからマネる方法とは

これが一般的に知られているリサーチ手法。ワイも一度は目にしたことがある。やり方を簡単に説明すると、

出品元を日本のセラーに限定し、Sold履歴を元に売れた商品をパクるというもの。

とあるセミナー系セラーさんのやり方 (魚拓① 4/30現在)。

ところで、このヒト読みやすい丁寧な文章を書くね。書き方の勉強になる φ(。。;)メモメモ

②ツールを使ったリサーチ手法とは

下の記事ではキーワードツールというサイトが使用されている。やり方を簡単に説明すると、

サジェスト検索ツールを用いて人気がある商品名のアタリをつけるというもの。

とある講師系セラーさんのやりかた (魚拓② 4/30現在)。

eBay用の「キーワードツール」に限らず、Amazon用の「Sonar」なども当てはまる方法だぜ!

↑に共通するデメリットと3つのリスク

すでに売れてる商品に相乗りすること、これがデメリットだとワイは考える。なぜなら過当競争がもたらす3つのリスクがあるからだ。

(1)過当競争による薄利リスク
(2)過当競争による欠品リスク
(3)過当競争によるストア埋没リスク

要するに、わざわざ人気商材に手を出すということは、激しい戦いの場に飛び込むということ

特にリスク(3)は深刻。あなたのアカウントが十分育っていないなら、バイヤーに見向きもされない。最安値にしても売れづらい & 売れても利益が小さいから、はっきりいって小規模セラーじゃ儲からない。

まさに、あなたを薄利多売地獄に沈める悪手!

ちなみに、②ツールを使ったリサーチ手法 が38点と低い評価なのは、上記のデメリットに加えて、検索の手間がかかるから。手間がかかる割に、結局お宝商品にたどり着けない、探した気になるだけの残念リサーチ手法

例えば、キティちゃんGショックなど、バリエーションが多いアイテムを想像してほしい。あなたが詳しくないのなら、それらの売れ筋のバージョンや型番を特定できる?

それでは、次のページからまー坊のリサーチ方法。

1 2