所要時間:およそ6 分

あなたは自己肯定感が高い人?それとも低い人?

ブログなんて書いてるくらいだから自己肯定感が高いまー坊(@belligerent_exp)だぜ!

今回のテーマは、『目標が招く罠』。

目標といったら普通は良いモノ扱いだよね?けれども目標がアダとなってヤル気を失ってしまった初心者の女性がいる。彼女のようなビギナーが挫けてしまうワケを明らかにしつつ、対策をしようぜ!というお話。

結論から言うと、

実力が伴わないポジティブな目標はビギナーにとって害。途中にいくつかの小目標を設定して勝ちグセをつけよう、ってこと。

もし、あなたが自分に自信のないタイプなら、この記事が役に立つだろう。あなたが何かのビギナーで、立派な目標を立ててしまっていたら…

そのせいで、あなたは目的を達成できない。

スポンサーリンク




ごく普通の女性の、普通じゃない目標

知り合いにチンタオさんという、去年の九月からeBay輸出を始めた人がいる。心の中で勝手に呼んでるだけで日本人の女性だ。歳はワイよりちょっと下で、おとなしい感じの人。

熱心に出品していたが、最近はモチベーションが上がらないとのこと。月間の副業所得が10万円に届かないことを気に病んでいるようだ。話を聞く限り出品が減って利益が上がりづらくなっている悪循環。

チンタオ

年商1億とか月収200万とか稼いでる人いるじゃないですか?
ああいうブログを見ると自信が…

Oh…。

初対面の時に聞いた彼女の目標はボカされていたが、実は月収(≠月間利益)100万だったそうだ。稼いでる風のブログを見ていて、自分でも簡単に達成できると信じていたらしい。

ビギナーが立てる目標が盛大すぎるワケ

初心者というものは不相応な夢を抱き、無謀とも思える決心をするものらしい。待ち受ける困難や苦労など知るよしもないのだから当然といえば当然。

経験が浅い人は自分を過大評価する傾向があり、反対に経験を積んだ人は自分の力をわきまえている

そんなバイアスを心理学用語でダニング=クルーガー効果というそうだ。
試験の結果が良かった奴に限って、出来を心配してなかった?その試験『できたっ!』と思ってたあなたが撃沈とかね。

チンタオさんもしっかりダニング=クルーガー効果に囚われていたのだ。そこで、彼女にはキッパリこうアドバイスをした。

まー坊

その手のブログはファンタジーだと思ってた方がいいですよ

       

ファンタジーとは言い得て妙だと我ながら感心したが、相談者の手前、大真面目。チンタオさんのような初心者を惑わすとはね、まったくファンタジーブログは害でしかないぜ。

ビギナーを惑わす罪な存在

ビギナーがファンタジーブログを追っても成果を得られない。それどころかビギナーの目標達成に悪影響を及ぼす。理由は以下の通り。

ビギナーに有害なワケ

成果を得られない要因は、ファンタジーブログからは脱ビギナーを果たすまでのプロセスが抜け落ちているため。経験がない初心者は、年商や月収という『みかけだけの値』に目を奪われてしまいがちだ。ファンタ系はそこにつけ込む。しかし、

初心者に必要なのは、結果に至るまでのステップだ。

もっとも、プロセスに乏しい『唐突な成功物語』だからファンタジーと呼ぶのだが。

悪影響を及ぼす要因は、ビギナーの錯覚を利用して、無謀な目標を植え付けているため。セミナーやノウハウなどの情報商材ビジネスは、実績の大きさが宣伝材料。だから数字も盛大にならざるを得ないのだろう。

ビギナーを錯覚させるテクニック

ファンタ系ブログは必ずフレーミング効果を使っている。利益(所得)ではなく売上(収入)なのは、金額が大きいので儲かってる印象を与えられるからだ。

まだあるのかな?無在庫転売という、ライバルがひしめき利益率が異常に低いビジネス。こういうのは仮に年商1億でも所得が300万あるかどうか。また、過去一回だけ年商1億をマークしたが他は…ってのもフレーミング効果。

ポジティブな決意がビギナーを押し潰す

月収100万円の実現を信じていたチンタオさん。自信をなくしモチベーションを下げてしまった原因は前向きな決意にあった。驚くべきことに、前向きな決意がネガティブに働く人がいるのだ。

逆効果に働くポジティブな目標

2009年、心理学者のジョアンナ・ウッドらによるウォータールー大学とニューブランズウィック大学の実験。(1)自己肯定感の高い人たちと、(2)低い人たちを2つのグループに分けてアファメーションを繰り返し唱えさせたところ、元から自信家な人たちグループは変化はなかったという。それに対して、自信がない人たちグループはより自己肯定感が下がってしまい落ち込んだということだった。

アファメーションとはポジティブな自己暗示をいい、この実験では「私はみんなに愛される人間です」「私は成功します」などと唱えていた。実験からわかることは、①自信家に暗示は効かないことwと、②自信ない人に暗示は逆効果ということだ。

チンタオさんに当てはめると、eBayでの販売を経験すればするほど、目標である月収100万円から遠ざかっていく現実。自信がなくなっていたところに、これみよがしのファンタジーブログ

落ち込むのも無理はないだろうぜ!

ポジティブな目標が意欲を削ぐ

ポジティブな目標が足を引っ張る例はまだある。

2011年、心理学者のガブリエル・エッティンゲン教授によるニューヨーク大の実験。学生らを2つのグループに分けて、週末についてポジティブシンキングさせた場合と、ありきたりな週末をイメージさせた場合で、学生たちに課した目標達成度に違いがあるかどうかを調べたそうだ。すると、

ポジティブシンキンググループの学生たちは目標を達成できなかったという。

教授曰く、ポジティブシンキングは『すでに目標が達成されたかのような幻想』を与えてしまい、目標に向かうための意欲を削ぐらしい。

要するに、やった気になっただけで満足しちゃうパターン。積ん読や買ったまま作らないプラモとかもこれだろうな。

小さな目標の積み重ねが目的達成への鍵

2つの実験が示しているのは、達成が明らかに難しいポジティブさ加減が牙をむいて自身に襲ってくるということだ。チンタオさんのような自信を失いつつあるビギナーを救う方法は何か。

目標が高すぎるのなら、途中のステップを増やせばいい。

例えば、『月収100万が難しいのなら、月収5万は達成できるか』を考えてみるのはどうか。

月収5万を達成するために、出品の時間はどれくらい充てられそうか?仕入れ資金は資金は充分か?いつまでに達成できそうか?などとクエスチョンで自問自答するといいぜ!

期限内に達成できなかったら、まだまだステップが高いのだ。もう少し低くするといいかもしれない。

達成できたら自分にご褒美をあげよう。そして次にちょっと高めの目標を立てるのだ。

『月間利益10万は達成できそうか?』どのくらいの仕入れが必要か?作業時間は確保できるのか?

こうやって、小さな目標をクリアしていき、勝ちグセをつけることが稼ぎ続けるコツだと思うのだが、どうだろう?

チンタオさんも、どうせ見るのならファンタジーブログじゃなくて、コツコツ目標クリア型のブログにすればいいのだ。

たまに目に入るよね、小遣い10万アップとか利益5万アップとかのブログ。まさにビギナー向けだと思うけどな。内容は読まないとわからないけどw

目標設定のガイドライン

念のため、上で挙げた例えの根拠になりそうなエビデンスがないか調べてみた。すると『目標達成への動機づけ』に役立つであろうガイドラインが見つかった。

このガイドラインは、2016年にカリフォルニア大の行動科学者ジュリアナ・シュローダーと、シカゴ大の行動科学者アイエレット・フィッシュバックが、150余りの研究論文をまとめたものだ(スゲェ)。このガイドラインでは目標をうまく設定することが推奨されており、

・達成可能で短期的なサブ目標を設ける
・序盤ではこれまでの進捗に目を向け、ゴールが近づいてきたら残りの道のりを意識する
・個々のサブ目標に適した達成方法を選ぶ

だそうだぜ!短期的なサブ目標はまさに途中のステップだろうし、適した達成方法を選ぶはクエスチョンで自問自答のことだろう。

自己肯定感が高い人は?

今までの対策は全て自己肯定感が低い人向け。じゃあ自己肯定感が高いビギナーにはどうすればいいのか?

ジョアンナ・ウッドらの実験の通り、自信家な人たちにはアファメーションは効果がなかった。つまり、やたら高い目標であっても挫けないと思われる。

こんな感じ。

どっかの馬鹿

年商1億なんて楽勝っしょ!俺ならうまくやれるぜ!

ポジティブな目標では挫けないが、やった結果が木っ端微塵とか。

以上だぜ!
今回も最後まで読んでくれてありがとう。